スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の紅葉 

京都府に訪れる観光客がもっとも増えるのは、梅や桜が咲き乱れる春でも、緑豊かな光景に目が休まる夏でも、純白の雪が舞う冬でもありません。
紅葉が色鮮やかに染め上げる秋です。
京都府の最大の見所は、秋の紅葉にあるといっても過言ではないということですね。

京都府の紅葉が何故これほどまでに愛されるかというと、その理由はいくつもあります。
まず、純粋に紅葉の美しい風景が数多く見られるからです。
京都の観光名所は、良くも悪くも年配者向け、と言われています。

実際、修学旅行に訪れた子供たちは、お寺めぐりよりも遊園地とかショッピングセンターのほうに興味を持つことが多いですね。
しかし、それでも尚修学旅行の行き先に京都が選ばれるのは、それだけ自然を堪能する場所に困らず、ひとつの場所に毎年行かなくてはならないというケースを防ぐことができるからでしょう。

また、建築物の相性もあります。
通常、紅葉というと、田舎の山であったり、公園であったりといったところで見ることができますよね。
実際、山一面紅葉という風景は、とても雄大で美しく、幻想的な雰囲気をかもし出しています。
公園も、身近な場所の彩りが劇的に変化するというギャップがとても楽しめます。

ただ、これらと比較し、京都府の紅葉は別格に美しく感じます。
それは、建造物との融合です。
和を基調とした建物と紅葉との組み合わせは、日本人の遺伝子に感動を与えます。
言ってみれば、日本人特有のツボといったところでしょうか。
これが、京都の紅葉が愛される一番の理由かもしれません。



特選!冬の温泉めぐり

スポンサーサイト

金閣寺 


京都府と言って、真っ先に何を思い浮かべるかというアンケートは、テレビや雑誌で毎年のように行われています。
生八つ橋や千枚漬などといった食べ物関係が強い一方、たいていのアンケートで1位争いを演じているのが、金閣寺です。

金閣寺は「鹿苑寺」の一部で、足利義満によって建てられた、日本で最も有名な寺院です。
1994年には世界遺産に登録され、京都府のみならず、あるいは日本のみならず、世界を代表する歴史的建造物として、その名を知らしめています。
当然、京都府を訪れる観光客のほとんどが、この金閣寺を身に来ることでしょう。
堀と木々に囲まれたその金色の金閣舎利殿を見るだけで、まるで御伽噺の中に入り込んだかのような非日常を味わうことができます。

そんな金閣寺は、秋になると周りの木々が紅葉に染まることから、とてつもなく色鮮やかな風景になります。
金色と暖色のコントラストは、どちらの色も強調され、それでいて下品に見える事もなく、まさに日本が世界に誇る最高の風景と言えます。
この紅葉を見ずして日本を語るなかれ、といったところでしょうか。

しかし実際は、日本人以上に外国人観光客が熱心な視線を送るようで、金閣寺にはいつも外国の方が見物に訪れています。
世界遺産になったこともそうですが、この金で染められた建造物と、日本の美の象徴とも言える紅葉のコラボレーションは、彼らに日本特有のインスピレーションを与えるのでしょう。
実際に済んでいる私たちよりも、彼らのほうが魅力を感じるとしても、不思議ではないことです。


特選!冬の温泉めぐり

銀閣寺 

金があるのなら、銀もある。
これはある意味真理ですね。
そういうわけで、金閣寺と並ぶ京都府を代表する建築物と言えば、銀閣寺があげられます。

京都府の銀閣寺は「慈照寺」の一角にある観音殿を銀閣と呼び、その銀閣を含む寺院全体が銀閣寺と呼ばれています。
通称とはいえ、金閣寺同様、これが正式名称と取って代わったと言っても過言ではないでしょう。

金閣寺は緊迫を使用して実際に金色なのに、銀閣寺は銀色じゃないという理由で、金閣寺ほどの人気は博していないこの銀閣寺ですが、これにまつわる逸話が数多くあることで、歴史マニアの間では逆に銀閣寺のほうが人気という一面もあります。
その逸話とは、単に創立者の足利義政が本来は金閣寺を参考にして銀箔を張りたかったけど、お金がなかった、というものや、施工の途中で義政が亡くなり、そこで計画が変更されたというものや、単に金閣寺にあやかって後世の人が勝手につけた、というものなど、諸説入り乱れており、どれが真実かは確定されていません。
そういったところが、ある意味金閣寺よりもマニア受けしている部分なのですが、外国人観光客には受けが悪いようです。
やはり、銀閣寺という名前から、金閣寺同様銀で塗られた寺院というのを期待するからでしょう。

そんな京都府の代表的名所である銀閣寺ですが、金閣寺同様紅葉名所としても知られています。
建築物は金閣寺ほどの派手さはないのですが、周りの紅葉は金閣寺に劣らず美しく、紅葉する植物としない植物が混ざって植えられているので、緑と赤・黄・橙のコントラストが楽しめます。
紅葉の季節になると、案外銀閣寺の方が需要は大きいかもしれません。



特選!冬の温泉めぐり

平等院鳳凰堂 


京都府を代表する寺院と言えば、よく金閣寺・銀閣寺の名前が挙がりますが、これらに匹敵する知名度を持った寺院と言えば、平等院、そしてその鳳凰堂しかないでしょう。
そのすさまじいインパクトと、小中学生がロマンを感じるような名前だけでなく、10円玉のデザインに使用されていることが、人気の要因ですね。

平等院は今から千年近く前に建てられた寺院で、藤原頼通が開基しました。
その中心となるのが鳳凰堂で、正面から見るとまさに鳳凰が羽ばたいている光景を見ているかのようなたたずまいを見せています。
この鳳凰堂は国宝指定、そして世界遺産登録をされており、その中にある木造阿弥陀如来坐像もまた国宝とされています。
残念ながら、10年ほど前にマンションが近くに建ち、景観を損ねてしまったという事態もありましたが、今なお圧倒的人気を誇る、京都府を代表する名所として知られています。
何より、誰の財布の中にも入っている当親近感が、その普遍的な人気を支えているのでしょう。

そんな平等院鳳凰堂も、紅葉スポットのひとつに数えられ、人気を博しています。
鳳凰というと、まさに紅葉の色にふさわしい火の鳥であり、紅葉と鳳凰堂の相性は最高であると言えます。
しかしながら、鳳凰堂の周りには木々はなく、紅葉が鳳凰堂を取り囲んでいるという風景は、残念ながら見られません。
昔の人はちょっと空気が読めなかったようです。
その代わり、紅葉の見られるところから鳳凰堂を背景として写す事で、紅葉と鳳凰堂のコラボレーションの画像を作ることは可能です。

平等院は京都府を代表するスポットではありますが、紅葉スポットとしては、人気は高いものの、紅葉を楽しむのにはあまり向いていないかもしれません。



特選!冬の温泉めぐり

嵐山 

京都府の紅葉は、ただ美しいだけではなく、建造物との調和が何よりも大きいと言われています。
日本古来の美しさが凝縮されたお寺などの神聖な雰囲気と、紅葉の色鮮やかながらどこか哀愁を漂わせる空気感が、この上なくマッチして、独特の世界観を構築しています。
そんな京都府の紅葉をより美しく見られる名所について、ここからいくつかご紹介して行こうと思います。

京都府の紅葉は、早くて10月下旬には見られますが、完全に色づくのは大体11月半ばくらいです。
その11月半ばに幻想的とも言えるほど鮮やかな風景が見られる場所といえば、嵐山でしょう。

嵐山は、国の史跡及び名勝地に指定されている観光名所で、春には満開の桜、そして秋には美しい紅葉が見られることで有名です。
主な観光スポットとしては、天龍寺、法輪寺、宝篋院、野宮神社、時雨殿、渡月橋、嵐山公園などです。

元々は平安貴族の別荘地だった場所が、数百年の時を経て、寺社巡り、自然景観の場として親しまれるようになり、90年代頃から観光施設が建てられるようになり、今に至ります。
2004年には温泉も掘削され、さらに観光名所としての色が濃くなりました。

紅葉を見られる場所としては、宝篋院参道、二尊院参道、小倉山の中腹、鹿王院山門の先、渡月橋の周り、といった所でしょうか。
純粋に紅葉を楽しむ場合は、お寺めぐりをするだけで十分堪能できるかと思います。
ただ、マッチする風景を探すなら、渡月橋がお勧めです。
渡月橋と紅葉が同フレームに収まる風景は、とても絵になります。


特選!冬の温泉めぐり


| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。