スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都府立植物園 

京都の紅葉名所を代表する観光スポットとして、京都府立植物園があげられます。
この京都府立植物園は、京都市左京区にある植物園で、1924年に開園した、かなり歴史ある観光スポットです。
広大な敷地に12,000種類もの植物が12万本植えられており、あらゆるショック物を堪能できる施設となっています。

そんな京都府立植物園の見所のひとつに、紅葉が挙げられます。
フウやカエデといった紅葉の定番とも言える木々が多数植えられているので、秋になるととても色鮮やかになり、得した気分に慣れます。

植物園というと、一般的には動物園や遊園地などと比較し、観光地やレジャースポットの中では地味な部類に入りますよね。
ただ、実際に訪れてみるとわかりますが、ここは宝の山です。
今は携帯電話一つ持っていけば、いくらでも画像として記録できる時代です。

待ち受けに、あるいはパソコンの壁紙の為に、植物園のあらゆる植物を写していくと、一日なんてあっという間に過ぎてしまいます。
それくらい、時間を忘れて楽しめる場所です。
特に、紅葉の見られる秋はお勧めですね。

お花が好きという人でなくても、植物園は十分楽しめます。
見たことのないような植物がたくさんあるので、好奇心を駆り立てられますし、何より目に優しい光景が広がっている所が良いですね。
普段、パソコンを一日中睨みながら仕事している方は、どんどん目が疲れていっています。
そういった、自覚がなかなかできないような疲労が、植物園に来ると自然と回復するのです。



特選!冬の温泉めぐり

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。