スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐山 

京都府の紅葉は、ただ美しいだけではなく、建造物との調和が何よりも大きいと言われています。
日本古来の美しさが凝縮されたお寺などの神聖な雰囲気と、紅葉の色鮮やかながらどこか哀愁を漂わせる空気感が、この上なくマッチして、独特の世界観を構築しています。
そんな京都府の紅葉をより美しく見られる名所について、ここからいくつかご紹介して行こうと思います。

京都府の紅葉は、早くて10月下旬には見られますが、完全に色づくのは大体11月半ばくらいです。
その11月半ばに幻想的とも言えるほど鮮やかな風景が見られる場所といえば、嵐山でしょう。

嵐山は、国の史跡及び名勝地に指定されている観光名所で、春には満開の桜、そして秋には美しい紅葉が見られることで有名です。
主な観光スポットとしては、天龍寺、法輪寺、宝篋院、野宮神社、時雨殿、渡月橋、嵐山公園などです。

元々は平安貴族の別荘地だった場所が、数百年の時を経て、寺社巡り、自然景観の場として親しまれるようになり、90年代頃から観光施設が建てられるようになり、今に至ります。
2004年には温泉も掘削され、さらに観光名所としての色が濃くなりました。

紅葉を見られる場所としては、宝篋院参道、二尊院参道、小倉山の中腹、鹿王院山門の先、渡月橋の周り、といった所でしょうか。
純粋に紅葉を楽しむ場合は、お寺めぐりをするだけで十分堪能できるかと思います。
ただ、マッチする風景を探すなら、渡月橋がお勧めです。
渡月橋と紅葉が同フレームに収まる風景は、とても絵になります。


特選!冬の温泉めぐり


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。