スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都府立植物園 

京都の紅葉名所を代表する観光スポットとして、京都府立植物園があげられます。
この京都府立植物園は、京都市左京区にある植物園で、1924年に開園した、かなり歴史ある観光スポットです。
広大な敷地に12,000種類もの植物が12万本植えられており、あらゆるショック物を堪能できる施設となっています。

そんな京都府立植物園の見所のひとつに、紅葉が挙げられます。
フウやカエデといった紅葉の定番とも言える木々が多数植えられているので、秋になるととても色鮮やかになり、得した気分に慣れます。

植物園というと、一般的には動物園や遊園地などと比較し、観光地やレジャースポットの中では地味な部類に入りますよね。
ただ、実際に訪れてみるとわかりますが、ここは宝の山です。
今は携帯電話一つ持っていけば、いくらでも画像として記録できる時代です。

待ち受けに、あるいはパソコンの壁紙の為に、植物園のあらゆる植物を写していくと、一日なんてあっという間に過ぎてしまいます。
それくらい、時間を忘れて楽しめる場所です。
特に、紅葉の見られる秋はお勧めですね。

お花が好きという人でなくても、植物園は十分楽しめます。
見たことのないような植物がたくさんあるので、好奇心を駆り立てられますし、何より目に優しい光景が広がっている所が良いですね。
普段、パソコンを一日中睨みながら仕事している方は、どんどん目が疲れていっています。
そういった、自覚がなかなかできないような疲労が、植物園に来ると自然と回復するのです。



特選!冬の温泉めぐり

清水寺 

京都府の数ある観光スポットの中でも、全国区といえる知名度と人気を誇っているのが、清水寺です。
何しろ、「清水の舞台から飛び降りるつもりで」という言葉があるくらいですから、知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。
ちなみに、実際の舞台はそれほど高くはないので、覚悟を決める比喩としては微妙だったりします。

そんな京都府の清水寺は、紅葉の名所としても有名です。
修学旅行生が訪れる際も、紅葉シーズンに足を運ばせる学校がほとんどでしょう。
それくらい有名ですね。

清水寺の紅葉がなぜ有名かというと、紅葉そのものの美しさ以上に、紅葉をバックにした清水寺の美しさが際立つからです。
夏や冬でも、その季節それぞれの趣があって、決して悪くはないのですが、清水寺が最も映えるのは、やはり紅葉シーズンです。
それは、インターネット上にたくさんある清水寺の季節ごとの画像を見て頂ければわかるかと思います。

清水寺は、舞台のある本堂も美しいですが、三重塔も非常に美しく、紅葉を背景とした三重塔は、海外の方に見せたら「This is Japan!」と叫ぶくらい、和を表した絵になります。
多くの観光客も、本堂と同等かそれ以上に三重塔へカメラや携帯を向ける光景が目立ちます。
建造物としての美しさ、紅葉で彩られた木々との相性など、どれをとっても文句のつけようがない、完璧な風景が広がっているからです。

京都府、そして清水寺を訪れた際は、ぜひ三重塔にも注目してみてください。



特選!冬の温泉めぐり

常寂光寺 

一部では、京都府の紅葉名所の中で最も美しいといわれているのが、常寂光寺というお寺です。
この常寂光寺は、京都府京都市右京区嵯峨野にあるお寺で、嵯峨野の紅葉巡りの一環としてよく観光客が訪れています。

知名度的にいうと、ほかの錚々たる京都府の観光名所と比べて地味な部類に入るようなお寺ですが、紅葉名所としては、全く見劣りしないどころか、京都府でも1、2を争う美しさだと断言する人も少なくありません。
それくらい美しい光景が見られる場所です。

常寂光寺というと、国の重要文化財に指定されている多宝塔が有名ですが、本堂を抜けてこの多宝塔に上っていくと、紅葉で彩られた風景を見下ろすことができます。
この常寂光寺最大の見所のひとつと言えるスポットです。

この常寂光寺の紅葉が美しいと言われる理由は、境内全体を埋め尽くすような、圧倒的な数のモミジが全て色づき、ほかでは見られないような光景が広がるからです。
そのボリュームは、まるでここが地球ではないような錯覚すら覚えさせてくれます。
また、多宝塔の周辺から見下ろす事のできる京都市も、とても壮観です。
特に秋には、あらゆる場所で紅葉によって色鮮やかになっているし、写真を撮るのには最適な場所と言えます。

常寂光寺は、嵐山からも行けるので、嵐山方面から小倉山の中腹をぐるっと回ってこの常寂光寺を訪れるルートを辿れば、紅葉の美しい風景はかなり網羅できるでしょう。
秋に京都府に来たならば、この常寂光寺を無視するなどということはちょっともったいなさ過ぎでしょうね。



特選!冬の温泉めぐり

三千院 

京都府の名所のひとつに、三千院という場所があります。
天台宗の寺院であるこの三千院は、創建から既に1200年以上が経過している、非常に由緒正しいお寺で、その知名度も全国区です。

特に、寺院内にある阿弥陀三尊坐像は2002年に国宝指定されており、毎年多くの観光客が見にやってきます。
これ以外にも、往生極楽院本堂をはじめ、数多くの像や書物などが重要文化祭に指定されている、まさに日本を代表する寺院と言えます。

そんな京都府を代表する名所の三千院は、紅葉の名所としても知られています。
京都府には数多くの紅葉名所がありますが、三千院はその中でも1、2を争う人気を誇り、秋になると観光客がどっと押し寄せてきます。

その要因は、なんと言っても、瑠璃光庭における苔の緑と紅葉の赤・オレンジ・黄色のコントラストでしょう。
紅葉は暖色のみで構成されているので、とても暖かな気持ちで見ることができるのですが、そこに自然に最も近い緑が加わることで、色鮮やかな中に癒しもあり、なおかつメリハリも利いているという非常に雄大な景観が見られます。

もともと三千院は、施設自体の知名度が高いので、多くの観光客が訪れる場所です。
そこに加えて、景色の美しさまで加味される秋という季節には、修学旅行の学生を始め、毎日のように観光客が賑わいを見せています。
京都府の風物詩のひとつと言っても過言ではありません。
京都に行くなら、三千院は鉄板コースのひとつと言い切っても問題ないでしょう。



特選!冬の温泉めぐり

知恩院 

一般人の間での知名度では金閣寺、銀閣寺に劣るものの、その価値に関しては同等かそれ以上のものがある京都府の寺院と言えば、知恩院を挙げない訳には行かないでしょう。
知恩院は京都府京都市東山区にある寺院で、浄土宗総本山という非常に由緒正しいお寺です。
創立したのは浄土宗の宗祖である法然です。

この知恩院は非常に歴史的価値が高く、寺院内の三門、本堂、それらに納められているいくつかの書物が国宝指定されており、その他いくつもの建造物や美術工芸品が重要文化財となっています。

そんな京都府を代表する寺院である知恩院は、紅葉目的の観光客も数多く訪れます。
紅葉名所のひとつにも数えられており、11月中旬~12月頭までは、美しい紅葉が敷地内のいたるところで見られるでしょう。
そして、そんな知恩院の紅葉シーズンにおける最大の見所は、11月10日~12月2日までの期間に行なわれるライトアップです。

ライトアップされる時間帯は17時30分~21時で、この間本堂は美しい光を帯び、夜空にその姿を浮かび上がらせています。
そのライトアップされた光景を、紅葉の暖色が色鮮やかな星のごとく飾っています。
とても見ごたえのある風景で、毎年数多くの観光客がこの時間を狙って観光に訪れています。

自然との調和という意味で最高の観光名所といわれる京都ですが、ライトアップのような人工的な面も、上手く取り入れており、観光客の目を飽きさせないような努力をしっかりしているようです。



特選!冬の温泉めぐり

BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。